過疎化になる→1次産業の好機

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 08:25

「田舎者!」と昔話では相手をバカにする言葉

 

最近では使う人もいない。

 

近年、自然とのふれあいをテーマに様々な活動が存在・継続している。(学校・会社・団体組織etc)

 

田舎→自然が多いことから地方への関心が高まっている。

 

このような背景があるのに、1次産業(農業)の担い手は減少は止まらない→もっと減少が進む→誰もいなくなる。

 

 

■自然体験などネイチャー系と呼ばれているもの テーマ(主題)→自然とのふれあい

 

■第一次産業(農業)テーマ(主題)→利益 ※産業であるが故、当然である

 

ここには違いがある。

 

過疎化に伴い、参入のチャンス(農地・設備など)が生じているのは目に見えている 弊社も同じである。

 

利益が出なければ、継続していけない。遺せない。

 

第一次産業の経営プロフェッショナルになる やりましょう^^

 

でわでわw

 

                 

                 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

●自然と共に、「農業」「観光」「福祉」をテーマにどう社会に貢献できるかを探求します。

                 株式会社リンクフィールド 代表取締役 井田 隆之

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする